筋トレとボイトレに力を入れすぎた理学療法士の話

整形外科クリニックの理学療法士(主任)。経験則を交えながら、忙しい社会人向けの筋トレ、ボイトレ、健康法についてお話しします。

ロマサガRSのロビン杯「スクリーム」攻略。術継承を使う

2019年8月上旬の記事です

 

ロマサガRSの中でも高難易度のコンテンツ「ロビン杯」はバーニィと共に様々なプレイヤーから批判がありました。8/7水曜日には難易度が緩和されるようです。

ただ難易度が高くても一定のプレイヤーはクリアできているようです。その中で徐々に攻略法が出てきました。

 

・デルタ・ペトラ継承(石化)

・マヒ

 

の2つは特に効果的で、様々なチームを攻略できました。しかし石化とマヒが効かない「スクリーム」というチームには煮え湯を飲まされ続けてきました。

 

「どうすれば勝てるんだろう…」と色々な方のTwitterやyoutubeを参考にしつつ、自分なりの攻略法を見つけました。

 

※裏技でなく正攻法のため、先鋒が突破できなれけば難易度を下げたほうが良いです

 

まずはギュス様をLv50にしようと思っています。

個人的にはなるべく多くの方に、より高い難易度をクリアしていただきたいです。

まずは「スクリーム」対策の重要なポイントから。

 

装備を整える

ここでは陰術対策として強化服を3つ用意できるとベスト。先鋒に装備させます。

 

どのような技、術を継承させるか考える

ロビン杯は継承技、術のダメージを計算に入れてパーティを組むのがおすすめです。僕も今までは何となく強いキャラを大将にしていました。

ここでは

・先鋒→中堅に全体術

・中堅→大将に全体術または単体強攻撃

を上手く継承させると楽になります。

 
ODを貯めつつ先鋒戦を終える

ODゲージを溜めるまでには4ターン程度は必要です。全員立っている状態で中堅戦を迎えることができれば、かなり有利になります。

 

ここから具体的な手順を説明します。メモがわりにTwitterに載せてあるので、補足説明を加えます。

 

まずはパーティから

ある程度のキャラが揃っていないと厳しいかも。個人的にロックブーケ 、白薔薇姫、アセルス、ブルーまたはコウメイに頼りきっています。

f:id:dorathemute:20190806002734p:image

それほど育成できていなくてもクリアできると助かります…ジュエルが足りないので

ちなみに先鋒の

・ブルー

・白薔薇姫

・ロックブーケ

はスタイルLv50です。さらに白薔薇姫、ロックブーケは裏能力を全開放、ブルーも知力のみ裏能力を振ってあります。ガチャをガンガン回してゴールドピース🧩を多く用意できると良いのですが、小遣い制なので。

 


5回に1回(2割)くらいは開幕魅了または混乱入りました。白薔薇姫に凝視が飛んでマヒしたらリセットの可能性大。チョコレートボールで素早さを下げつつ、LPはケチらずに回復も使っていきましょう。

 

 

ここまでくると勝率がグンと上がります。

先鋒戦の最後に杖ポコで知力上げておくのが理想。次のターンまで生き残っても、素早さを大きく下げられて相手に先制攻撃をされることが多いため、ここでお役御免になることが多いです。

 

エナジーストームは外れ術だったのですが、どうにか倒せました。

 

中堅で最初に行動したキャラはほぼ確実に継承技、継承術を閃きます。技3(1番下)を閃きやすいようです。

・白薔薇姫…チョコレートボール、再生光、超風

・ブルー…太陽光線、フラッシュファイア、超風

・ロックブーケ …生命の水、エナジーストーム、大召雷

 

ここで太陽光線、再生光、生命の水だと

「うっ…」となります。

 

 

こちらが行動する前に倒されてしまう場合は育成不足です。

さらに弱点をつける威力S以上の技か術を真ん中に叩き込めると良いです。コウメイがクリムゾンフレアを使うのもあり。その場合は火杖を装備させましょう。

 

 

何かしらを閃けばこのターンで勝負が決まっていたはず。

 

重要なポイントをまとめると

・ODゲージ、BPが溜まった状態で先鋒戦を乗り切る

・技、術継承のダメージも計算に入れてパーティを組む

とロビン杯は攻略しやすくなります。

 

最近実装されたサガスカキャラの二刀烈風剣、吹雪なども継承用に使えるのではないかと思います。

今後はロビン杯で有利になるキャラばかりが実装されてくると考えています。

 

多くの方がこのコンテンツがクリアできるころにはこのゲームがどうなっているのだろうか…

 

さらば

 

画像データについて

「© 2019 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc.

ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI

当該作品の転載・配布は禁止いたします。」